無意識を意識する目覚めの時間|アクセス・バーズ

私達は様々な事を決めている

私自身も小さい頃に大好きだった母が弟が生れた事で

私は、自分で生きていかないとって決めたようだ

 

私の信じ込んだ時

「お姉ちゃんでしょ」

と何かにつけて言われて

◇甘えてはいけない
◇泣いてはいけない
◇我慢しなくてはいけない
◇人に頼ってはいけない
◇弱音を吐いてはいけない

知らない間にこんな風に生きてきた
 
だから、中学でも高校でも
 
陰湿ないじめではないものの

ちょっとはみ出される事があったし
 
その度に、

人は裏切るけど勉強は裏切らないから

人は裏切るけど仕事は裏切らないから

と生きてきた。

 

この根っこにある思い込み

信念は私が勝手に身に付けて

それを信じて生きてきたから今の自分がある。

 

でも、今、もう要らない。

私は、そもそも人を愛するが上に

自分と同じだけ愛してもらえると思ったが為に

そうでないって事に気付かされただけ

そこで、人を憎むことも、恨むことも必要なくて

ただ、そうだと認めればよかっただけ。

でも、そこを恨んだり、憎んだりするパワーで前に進んできた。

今、たくさんの方に私が届けたい想いを共感していただけていて

もう、憎んだり、恨んだりするパワーは要らない。

ただ向かいたい方向にエネルギーを注ぐだけ。

 

前進する方向へエネルギーを注ぐために削除する

 

自分の中にどんな思い込み、信じ込みがあるのか?

それがある事で、今一歩前へ進めていないように感じる

そも思い込み、信じ込みにフォーカスしなくても

アクセス・バーズのセッション(施術)を受けていると

何かが削除されて

人生が前に進めるようになる。

 

頭の32か所のポイントに触れて

例えば・・

◎お金に関する様々なものの見方
◎身体についてのものの見方
◎コミュニケーションについてのものの見方

等々

私達が採用している様々なものの見方が削除出来たら

その時々にコレって思った方を選ぶ事ができる。

そう、ものの見方が制限となり

本当は色々選べる人生の様々なシーンで

制限の中から選んでいる。

 

それが、制限のないところまで含めたところから

選べるようになる。

こんな方に

◆毎日が窮屈だと感じているかた
◆もっと私の人生には何かあるはずと思っている方
◆50歳(60歳)を機に人生を自分の思うように生きたい方
◆自分の人生が生き辛いと思っていた方
◆人生をもっと楽しみたい方

出会ってくださった方は、もっと早く出会っていたら・・・

とおっしゃいます。

遅いなんてことは無いです。

皆さんそれぞれにとって出会う時がタイミングです。

 

アクセス・バーズは自分を大切にするツール

私が小さい頃に信じ込んだ一つ一つは

自分を奮い立たせる孤独なものでした。

けれど、それのおかげで今、扉を叩いてお越しくださる方に心から感謝の想いを持てていると思うんです。

生きているとどこかで同じ思いの人が居る。

そう信じています。

そして、共感していただける方が一人、一人増えて仲間が増えていく事が楽しい。

 

それは、自分は人生はきっとこうって思っている自分を

周りの影響を受けてごまかしたり、否定して変えてしまうのではなく。

自分を大切に、一番にしている事で、仲間が増えていくって事。

 

自分をごまかして周りに合わせるのではなく

自分の想いを貫きながらファンを増やす。

 

だから楽しく、軽やかに毎日を過ごせていると思うんです。

そして、そう生きたい人が増えてくれることを願います。

周りに合わせて

自分がどうしたいのか?どう在りたいのか?が分からなくなっていませんか?

もし、そうだとしたら、一緒に見つけませんか?

 

無意識を意識する目覚めの時間

それが、無意識を意識する目覚めの時間です。

お話ししながら奥にある思い込みを見つけて

軽やかに人生を進みだす。

 

無意識だけに自分では気付き辛い思い込み、信念

見つけて要らないものは捨てて

本当の自分が向かいたい方向に気付きましょう♪

アクセス・バーズ講座の詳細・日程・申込はこちらから

無意識を意識する目覚めの時間はこちらから

 

関連記事

  1. 人生を好転させる|アクセス・バーズ

  2. 奈良 アクセスバーズで人生が変わる!

  3. アクセス・バーズ講座 奈良・生駒サロン

  4. どうしていいのか分からなくなった?

  5. アクセス・バーズをどんどん体感してみて欲しいから♪施術体験会…

  6. 関西・奈良でアクセス・ファンデーションクラスを受けよう♬

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。